京都四条烏丸のブランド時計専門店
ビッグムーン京都

お問い合わせ

TEL
0120-00-3940

コラム

column

HOME > お知らせ > コラム > ROLEX【ロレックス】エクスプローラーI Ref.114270

ROLEX【ロレックス】エクスプローラーI Ref.114270

みなさま、こんにちは!

ビッグムーン京都の秦です♪

ROLEXの新モデルが発売開始されてから早3週間。
ROLEXを取り扱うお店でも新モデル入荷の一報を耳にすることもちらほら出てきましたね!

お買取り価格や販売価格など相場の動向は、私も気になるところです(^^)

さて、そんな人気なROLEXですが
本日は1本は持っておきたい、シンプルで使いやすいモデルをご紹介させていただきます♪

 

ROLEX【ロレックス】オイスターパーペチュアル エクスプローラーI

ROLEX【ロレックス】
オイスターパーペチュアル
エクスプローラーI
Ref.114270
Cal.3130
K番 2002年製

 

現在は生産終了しているRef.114270です。

エクスプローラーIは1953年に発表されました。
ブラックダイアルに369の数字と、
大きいアワーマーカー(インデックス)が視認性を向上させます。

実際にエベレスト登頂から得られた情報や他の登山家からの
フィードバックをもとにエクスプローラーを製作した
実用性の高いスポーツ・ロレックスとなっております。

 

Ref.114270の特徴

Ref.14270の後継モデルとして発売されたRef.114270です。
全モデルとの大きな見た目の差はほとんどありませんが
大まかに言うと以下のポイントが変更となりました。

Cal.3000からCal.3130に変更

写真の黄色い円が「テンプ」と言い、その上をまたぐシルバーの腕を「テンプ受け」と言います。
Cal.3000はテンプ受けがシングルでしたがCal.3130はダブルブリッジとなりました。
これにより耐久性が向上しました。


※写真はテンプ受けがシングルのCal.3000。

 

ブレスが「一体型フラッシュフィット」に

時計本体とブレスとつなぐ部分を「フラッシュフィット」と言います。
この部分が一体型になっていることで、より耐久性に富んだブレスとなりました。
万が一フラッシュフィットが壊れてしまった際、
ブレスを全て交換しなければならないというデメリットがありますが
1999年頃よりフラッシュフィットの部分を無垢素材で作り
堅牢性・耐久性がさらにアップしているためほとんど壊れる心配はないのだそうです。

 

ブレスがシングルロックからダブルロックに

過酷な場所や状態でもより外れにくいダブルロックになりました。

 

夜光塗料がトリチウムからルミノバへ

経年で黄色っぽく変色していく夜光塗料トリチウムは
1998年ごろから変色しないルミノバへと変更されました。
2001年に発売されたRef.114270の夜光塗料は全てルミノバとなっていますが
Ref.14270の高年式モデルにはルミノバを使用した個体もあります。

 

歴代のエクスプローラーI

さて、1953年に発表されたエクスプローラーIは
これまでに何度かモデルチェンジが行われています。

<1-1>Ref.6350(Cal.A296)1953年~1954年

スポーツ・ロレックスの源流ともいえる自動巻きムーブメントを搭載。
12時位置の逆三角や369のアラビア数字インデックスとバーインデックスは
現在のエクスプローラーとのつながりを感じます。
しかし369のフォントは現在の数字より縦長のまるっこいフォントです。

<1-2>Ref.6510(Cal.A296)1953年~1956年頃

Ref.6350と同じムーブメントを搭載した兄弟機。
様々なデザインが存在します。
Ref.6350の販売期間がわずか1年だったこともありRef.6510が
1stエクスプローラーという説もあります。

<2>Ref.6610(Cal.1030)1954年~1956年

クロノメーター仕様で世界初の両方向回転巻上げムーブメントを搭載。
現在のエクスプローラーの顔にかなり近いこともありこちらを1stエクスプローラーという説もあります。

<3>Ref.1016(Cal.1560→Cal.1570)1963年~1988年

大きく前期と後期に分類されるRef.1016ですが、販売期間20年以上のロングセラーモデルです。
前期のムーブメントはCal.1560、
後期にはリューズを引くと針が止まるハック機能が付いたCal.1570が搭載されました。
外見も前期はインデックスがゴールド文字でしたが
後期はより視認性の高いホワイト文字とマットな文字盤に変更されました。

<4>Ref.14270(Cal.3000)1990年~2001年

先代のRef.1016から大きくモデルチェンジをしたモデルです。
インデックス369のフォントが変更され現代的な顔になりました。
搭載ムーブメントは当時ロレックスの主力ムーブメントCal.3000。
パワーリザーブは48時間でした。
またそれまでのプラスチック風防からサファイヤクリスタル風防に変更となっています。

Ref.14270には初期生産分(シリアルE、X)に「ブラックアウト」というものが存在します。
通常インデックスの369のメタル上にホワイト塗料が施されていますが
ブラックアウトはメタルのみ(塗装無し)もしくはブラック塗料が施されています。
このブラックアウトは生産本数もごく僅かであるためレアモデルとして現在も高値で取引されています。

<5>Ref.114270(Cal.3130)2001年~2010年

先述の通り先代モデルと見た目は大きく変わりませんが
ムーブメントが変更となり耐久性が向上しています。

次モデルのケースが39mmと3mm大きくなったため
少し小さ目でシンプルだった36mmケースを好む人も多く
エクスプローラー最後の36mmケースモデルとして
Ref.114270は根強い人気を誇ります。

<6>Ref.214270(Cal.3132)2010年~現在

先代モデルからケースが3mm大きくなった現行モデルです。
ブラックアウトを思わせる、夜光塗料なしのメタル369インデックスと
「EXPLORER」の表記が6時位置に変更になりました。
2016年にはマイナーチェンジが行われ、369インデックスに
クロマライト夜光塗料が施され昼夜問わず視認性がアップしています。

 

ROLEXのお買取ならビッグムーン京都へ!

ビッグムーン京都ではロレックスなどブランド時計のお買取、大歓迎でございます。

現在、ROLEXの相場高騰中&在庫が足りません!

「売りたい時計がある」
「少しでも高く売りたい」
「値段だけ聞きたい・・・」

そんなお客様はぜひビッグムーン京都にお持ち込みください。

当店ではお客様と従業員の安心安全のため
従業員のマスク着用、飛沫防止シートの設置
店内の定期的な換気と消毒を行っております。

またお客様のプライバシー保護のため査定ブースをご用意しておりますので
お気軽にお立ち寄りください!

 

みなさまのご来店を心よりお待ちしております。