京都四条烏丸のブランド時計専門店
ビッグムーン京都

お問い合わせ

TEL
0120-00-3940

コラム

column

HOME > お知らせ > コラム > シャリオール (Charriol)も買取いたします!

シャリオール (Charriol)も買取いたします!

みなさま、こんにちは!

ビッグムーン京都の秦です♪

 

みなさま、優雅でエレガントな時計を多く販売する
「シャリオール」というブランドをご存知ですか?

本日は他に類を見ないデザインを確立し現在では60か国以上に店舗を拡大している
シャリオールをみなさまにご紹介させていただきます!

 

シャリオールの歴史

1983年、フランスの起業家であるフィリップ・シャリオール氏が
40歳の時にスイス・ジュネーブで「シャリオール」を設立しました。

家族経営である「シャリオール」は
娘のコラリー・シャリオール・ポール氏がクリエイティブディレクター、
息子のアレクサンダー・シャリオール氏が映像ディレクター、
妻のマリー・オルガ・シャリオール氏は広報担当として会社を支えています。

創業当初から守り続けているデザインで時計だけでなく
ジュエリーやレザーグッズなどを発表し現在も発展をし続けています。

 

他に類を見ないデザイン「ケーブル」

今やシャリオールといえば、このデザイン!と思われる方も多いと思います。

ケーブル(ワイヤー)が何本もねじられてできたデザイン。

シャリオールの創業者フィリップ・シャリオール氏が自身のブランドを作ろうとした際、
普遍的かつ独創的なモチーフが無ければ自身のブランドは成功しないと考えたそうです。

モチーフを見つけるために様々な場所を探し、たどり着いたのが「大英博物館」。

古代ヨーロッパの中部と西部に住み、
ケルト神話を誕生させた「ケルト人」の装飾品「トルク」に
シャリオール氏はインスピレーションを受けました。
たくさんの黄金の糸を束ねてねじったものを、さらに束ねてねじって作られた装飾品でした。

ケルト人は芸術を愛し、高い黄金の加工技術を持っていました。
「トルク」は敵から身を守りさらに自分に勇気を与えるものと考えられていたそうです。

シャリオール氏は「トルク」と出会い、自身のブランドのモチーフとすることを決めました。

 

現在、シャリオールのケーブルはフランス製のステンレス鋼とチタン合金で作られています。
このケーブルは医療分野でも使われる高品質なものだそうで、肌にも低刺激だとか。

 

サントロペ 028/3

今回ご紹介するシャリオールは・・・

サントロペ シェル文字盤
Ref.028/3
ローマ数字×8Pダイヤ

シャリオールの代名詞といっても過言ではない
人気時計モデル「サントロペ」です。

ブラックシェル文字盤に光るローマ数字とダイヤモンドが
ジュエリーのように輝きます。
ケーブル部分も文字盤同様、黒。
カジュアルにもフォーマルにも使える時計です。

ケーブル先端にはチェーンの留め具がついており
時計をはめた後にこの留め具をセットすることで
時計の落下を防ぐことができます!

 

買取はビッグムーン京都へ♪

さて、ビッグムーン京都ではシャリオールをはじめ高級時計のお買取りを行っております。
ビッグムーン京都のお買取り実績はこちらから!

不要な時計、新しい時計購入の軍資金のためになど
ぜひビッグムーン京都へご相談ください♪

 

ビッグムーン京都ではお客様と従業員の安心安全のために
従業員のマスク着用、飛沫防止シートの設置、
店内の定期的な換気と消毒を行っております。

ぜひお気軽にお立ち寄りください!
みなさまのご来店を心よりお待ちしております。