京都四条烏丸のブランド時計専門店
ビッグムーン京都

お問い合わせ

TEL
0120-00-3940

ブログ

blog

HOME > お知らせ > ブログ > Vol.52 5,000年の歴史

Vol.52 5,000年の歴史

ビッグムーン京都の坪井です⌚

 

ご家族への贈り物として時計を選ばれる方のご来店がしばしばあります。

先日もございました。

自身が使う時計ではないのですが、ご家族の方の好みや腕周りの大きさなどを考えた上で

商品を真剣に選ぶお客様の姿があり、私も思わず熱が入りました♨

いろいろなモデルを見られた後、チョイスされたカッコいい時計。

ご家族の方にきっと気に入っていただけると思います☺

 

ご来店いただきましたお客様、ありがとうございます⌚

 

よく右回りにという言葉を使う時、「時計まわりに」と言ったりしませんか?

時計の針が右回りに動くというのは当たり前の話しかもしれませんが世界共通なんです。

 

その由来となったのが日時計です。

太陽が決まった周期で頭上を動くことを利用して時間を計ることから始まった日時計。

地面の一点に棒状のものを立て、その影が示す位置を分割して記し日の出から日没までを時間管理したものを人々が共有するようになったわけですが…。

これは現在から5,000年も前に行われていたことなんです。

日時計が現在の時計の文字盤の原型になるとすると影が時計の針ということになります。

針の役割を果たす影が右回りに動くというのは北半球に限ったことで南半球は逆の動きになります。それが世界共通で時計の針が右回りに動くのは、最初に日時計を使い時計を作るという文明を持っていたのが北半球の民族であったからというのが理由だそうです。

日頃何気なく時刻を知りたい時に見る文字盤ですが、このように世界共通の長い歴史を踏まえて考えてみますと奥の深さを感じますね。

各有名ブランドの誕生背景や歴史を掘り下げてみる楽しさをたまにこのブログでお伝えしたりしていますが、今回のおよそ5,000年前にまで遡るお話し。

これはこれでまた違った楽しさや興味深さがありますよね☺

それではまた明日☺

 

以下、半期決算セールの告知となります。

 

9月3日より、半期決算セールを開催しております!

対象ブランドはロレックス、チューダーの人気ブランドとなります。

※一部セール対象外のモデルがございます。ご了承ください。

期間は9月29日までとなっております。

ホームページの方でも販売中の商品を掲載しておりますので

こちらもご覧ください。

 

 

ビッグムーン京都では、ロレックス、チューダー、オメガ、パネライ、

ブライトリング、GS、タグ・ホイヤーなど多数のブランド時計を販売しております。

また、お買取りも行っておりますのでお気軽にご来店ください。

スタッフ一同みなさまのご来店をお待ちしております。